読書も学びも積み上げていくもの



 読書も学びも、積み上げていくものです。
 各書籍の紹介ページに、「薦めたい学年」を記載しましたが、読書は何も焦る必要がないので、下から順に積み上げるように薦めてあげて下さい。 一生かけて良いものをゆっくり読んでいけばいいのです。
 「うちの子は読めるから」は多くの場合、過信です。 教室でこどもたちと接していても、入室当初から問題なく読書できる子は少ないもの。その上、きちんと矯正してあげなければ、いつまでも悪い癖が抜けません。 冊数と時間とを無駄に重ねてしまうというのが、一番怖いことです。
 ここに記した「薦めたい学年」を参考に、皆さまには適切な選書とお子様方への直接の本紹介そして、ときどき内容確認をお願いしたいところです。 まずは「当サイトの眺め方」をご覧ください。



アルフはひとりぼっち

ただ座って歌っていれば、ご褒美だとごちそうがもらえるカナリヤ。好き勝手に遊びに出かけ、戻ればおばあさんの膝上でのどをゴロゴロ鳴らし撫でてもらえるネコ。そして、おじいさんに飛びつき顔をなめるだけで喜ばれる犬。
その一方で、仕事・仕事・仕事の毎日にも、対価として馬草しかもらえないロバのアルフは、焼きもちを焼いて他の動物のマネをしてみても怒られ、ついに永遠の家出を決意するのだが、向かったのは皆を見渡せる屋根上だった。
自分のいた環境を俯瞰し、家族の想いを知ることで、自らも“愛すべき存在”であったと確認することのできたアルフは、それ以後の“変わらぬ日々”の中にも、満足を感じられるようになったのだった。

コーラ=アネット・文
スティーブン=ケロッグ・絵
掛川恭子・訳
(原題:How the Witch Got Alf)

薦めたい学年:2年生後半~3年生前半


0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見・ご感想、お待ちしております。